老人ホームと集団生活

老人ホームと集団生活

高齢者の方々にとって、長年住み慣れた土地を離れ、老人ホームに入居する不安は想像を超えたものがあります。

高校を卒業した若者が大学入学を機に上京する、就職して新しい土地に引っ越す、転勤するなど、若い人でも生活環境の変化は、精神的にも肉体的にも刺激となる一方で、大きな負担ともなるくらいです。

ましてや高齢者の方々にとって、その不安は入居されるご本人だけのものではありません。
やむを得ないこととはいえ、自宅での介護に限界があるご家族にとっても、大きな決断をなることでしょう。

「今まで、ずっと家族で生活してきて、今更集団生活に馴染むことができるのだろうか?」

老人ホームの選択において、費用や施設、介護サービス、食事などのケアといった条件は非常に重要です。
しかし、それと同じくらい、いえ、ひょっとしたら「精神的快適さ」という面では、それ以上に大きなウェイトを占めるのが、施設のスタッフ、そして他の入居者とのコミュニケーション、交流かもしれません。

モデルケースとして、入居者のコミュニケーションが特に大きな問題となるグループホームを例に、入居者同士の交流がどのように図られるかをみてみることにしましょう。

年間を通じてさまざまなイベントを企画、提供している老人ホームが多いようです。
たとえば、春には「お花見の会」、夏は「七夕」、秋には「お月見」、冬は「クリスマス会」などになります。

また、老人ホームのなかで、個人の趣味や好みに合わせて、さまざまな趣味のグループが形成され、外部から講師を招いて本格的に活動をしているところもあります。

老人ホームに入所する以前からの趣味を継続的に楽しむ方、あるいは老人ホームに入って新しい趣味を開拓する方もいらっしゃいます。

ご自身の隠れた才能を発見、開花される方も決して珍しくありません。
自宅での生活だけでは、なかなか出会えない機会もあるようです。

また、これらの趣味のグループやサークルの発表会が催されます。
これらのイベントは、老人ホーム内だけでなく、ご家族やお知り合いの方に公開されていることが多く、ホームに入居されながらもご家族との交流が楽しく続けられます。

集団生活ゆえの煩わしさ、気遣いなど、デメリットもありますが、あえてそれをメリットとするためにもスタッフや他の入居者の方々とのコミュニケーションを積極的に楽しむのもいいかもしれませんね。

 
老人ホーム入居を考える TOPへ 老人ホームの選び方 老人ホームと集団生活