老人ホーム入居費用シミュレーション

老人ホーム入居費用シミュレーション

かつては高額でなかなか敷居が高かった有料老人ホームなのですが、最近では比較的廉価で、個人の趣向の多様化に対応した施設が多く登場してきている・・・といわれています。

では、実際に入居する際、どれほどの資金が必要なのでしょうか?
実態を把握したうえで、無理のない資金計画を早めに立てておきたいものですね。

ここでは、一般的な有料老人ホームを例に具体的な入居費用をシミュレーションしてみます。

一般老人ホームの費用は、入居一時金方式と入居保証方式の2種類があります。
どちらを選ぶかで月々の月額利用料が変わってきます。

ある有料老人ホームの例です。

●入居一時金方式の場合

契約時に25~26万円の入居一時金を支払います。
この入居一時金は、入居後40ヶ月(3年6ヶ月)以内に退居する場合は、月額(6000円ほど)で計算して未償却分が返還されます。償却後の追加金は不要です。

この方式の場合、月額利用料は家賃が60000~65000円、食費が35000~40000円、管理費が25000~30000円になります。

月額利用料は合計13万円前後になりますが、このほかに実際には介護給付金の一割負担(介護度によって異なります)、各部屋の電気代、医療費、オムツ代などが別途必要となってきます。

●入居保証方式の場合

まず入居保証金として100000円支払います。
この保証金は退去時に全額返金されます。

ただし、退去時の居室の状況に応じて原状回復費を徴収されることがあります。
月額利用料は、家賃は70000~75000円、食費は35000~40000円、管理費は25000~30000円です。
月額利用料は、合計14万円前後です。

この場合もこのほかに実際には介護給付金の一割負担(介護度によって異なります)、各部屋の電気代、医療費、オムツ代などが別途必要となってきます。

つまり、入居一時金方式の場合、入居一時金を多く支払うことによって、月々にかかる家賃を抑えるというものです。

一方、入居保証方式の場合は、最初の入居保証金を低く抑え、しかも退去時に全額返還される代わりに、月々の家賃が高くなるというものです。

もし、長く住む予定なら、入居一時金方式のほうがいいのかもしれませんが、こればかりはどうなるか、わかりませんよね。

また、これはあくまで、ほんの一例です。入居金が無料というところもあります。
まずは個々の老人ホームで、事前にシミュレーションしてもらうことが大切です。

 
老人ホーム入居を考える TOPへ 老人ホームの費用 老人ホーム入居費用シミュレーション