介護保険サービスの適用・非適用

介護保険サービスの適用・非適用

介護保険とは、40歳から払い込みが始まり、一生涯続く社会保険制度のことです。

65歳以上の被保者(第1号被保険者)利用者は、要介護状態(常に介護が必要な状態)や要支援状態(日常生活に支援が必要な状態)になると必要なサービスを受けることができます。

40~64歳の第2号被保険者は、原則的に介護保険サービスを受けることができず、「加齢に伴って生じる心身の変化に起因する疾病を特定疾病」とされている15種類の特定の疾患によって、要介護や要支援状態になった場合にのみサービスを受けることができます。

介護サービスの利用者は、介護サービス費用の1割を負担します。
老人ホームなどの施設等では、このほかに食費や生活消耗品などの自己負担分が加わりますが、支払った費用の一部は、所得税の医療費控除の対象となります。

在宅サービスの場合、被保険者の要介護度に応じて利用できるサービスの上限が定められています。

支給限度基準額を超えるサービスの利用については、介護保険の適用外で全額自己負担となってしまいます。

在宅への配食サービスなど、介護保険の対象外のサービスも行われていますが、これらは全額が利用者の自己負担となります。

老人ホームに入居する場合は、在宅との負担のバランスをとるため、居住費と食費が保険の給付対象からはずれ、その分老人ホーム側が、利用者から徴収する形となります。

ただし、上乗せサービス、横出しサービスが市区町村単位で行われています。

・上乗せサービス・・・市町村の判断で、本来の介護保険の限度額を条例で引き上げ、限度額を上乗せすることをいいます。

・横出しサービス・・・市町村が独自に、本来介護保険サービスで定められ手いる他に、配食サービスなどを特別給付や保険事業として追加することです。

老人ホームでの生活のなかでも、市町村によって、これらのサービスを受けられることがありますので、それぞれ確認をしてみるとよいでしょう。

 
老人ホーム入居を考える TOPへ 老人ホームと介護保険 介護保険サービスの適用・非適用