要注意の有料老人ホーム

要注意の有料老人ホーム

有料老人ホームの数が増え、高齢化社会の需要に応じようとする傾向は好ましいといえます。

しかし、その反面、実際入居してみたら思っていたものと違っていた、といったトラブルが増えてきているようです。

これは、パンフレットなどに記載されている情報と実態との食い違いが原因です。

実際には完全に希望と一致する老人ホームを見つけるのは困難かもしれません。
しかし逆に、「こんな有料老人ホームは、優秀なホームである可能性が極めて低い」という点を幾つか挙げてみますと、少しでも参考になるかもしれません。

●有料老人ホームの届出をしていない老人ホームは要注意!

「有料老人ホームを設置するものは、あらかじめその施設を設置しようとする地の都道府県知事に届け出なければならない」(老人福祉法)
とされています。

にもかからわず、この届出を怠っている施設「類似施設」が全国に数多く見受けられます。

届け出がなされ、必要な報告や調査が行われているということは、その老人ホームが一定の基準を満たしているということになり、ひとまず安心できるといえるでしょう。

●表記の具体性が欠けている老人ホームは要注意!

「アットホームな雰囲気です」「親切なスタッフ」といった、当たり障りのない表現等ではなく、具体的に何人の介護スタッフがいるとか、資格の有無など、情報は具体的に明記されていることが重要になってきます。

「終身介護」「緊急時の対応」と言う場合に、それは具体的にどういうことをするのか、を明記し、それが基本的な管理費に含まれるのかどうか、追加の費用が必要となるかの確認もするべきでしょう。

●契約書・管理規定・重要事項の説明書が提示されない老人ホームは要注意!

「すぐに契約を!」と急がせるばかりで、契約書や管理の規定など重要な書類をなかなか提示してくれない老人ホームは要注意でしょう。
契約内容が分からないままに契約を結んでしまう、ということは絶対にないようにしましょう。

●体験入居制度がない老人ホームは要注意!

老人ホームを選択する前には、実際に自分で見学し、体験入居することで、思ってもみなかった実態に気づくことがあります。
体験入居することで、夜間の介護体制など、昼間には見えなかった点も見えてきます。
食事も実際に食べてみることが必要でしょう。
その機会を与えない老人ホームは避けたほうが無難です。

その他、問題があった場合の窓口が無い、スタッフの雰囲気や態度が良くない、他の入居者が生き生きと生活していない、などは「要注意!」な施設といえるでしょう。

 
老人ホーム入居を考える TOPへ 老人ホームに入居する 要注意の有料老人ホーム