老人ホームにおける病状による受け入れの是非

老人ホームにおける病状による受け入れの是非

年齢的にも、介在的にも老人ホームの入居条件をクリアし、さらに介護認定も受けているとしたら・・・それならば、老人ホームに入居が可能なのでしょうか?

たとえこれらの条件をクリアしていても、老人ホームでの生活は病院ではありませんから、ご本人のさまざまな病気、症状によっては入所を拒否されてしまう場合もないとは言えません。

たとえば、入居に際してどのような病名、症状が問題となってくるのでしょうか?
一般的な介護付き有料老人ホームの病名・症状による受け入れで、問題となる条件を見てみることにしましょう。

ただし、あくまでこれは一例と思ってください。
これらの条件が受け入れられるかどうか、またそのほかの問題となる条件があるかどうか、必ずご自分の希望する老人ホームで個々に確認を取られることをオススメします。

●医療面の受け入れについて

・胃ろう
(「胃ろう」とは、何らかの事情で口からの食物摂取が困難な場合に、胃や腸などの消化管にチューブを通して直接栄養を送る方法です。消化管に栄養を送るルートして、鼻からの場合と、胃ろうといっておなかに小さな穴を開けてそこから栄養を送り込む方法があります。鼻かの場合と比べ、胃ろうは管理が容易なため自宅などでの介護の負担が軽いといわれています。)
・インシュリン
・在宅酸素
・褥瘡(じゅくそう)
・ストマ(人工肛門)
・糖尿病
・透析
・認知症
・バルン
・ペースメーカー
以上は比較的受け入れられる例が多いようです。

・気管切開
・筋萎縮性硬化症
・人工呼吸器
これらは問題となることが多いです。
また、IVHは不可となりそうです。

●感染症の受け入れ

・肝炎
・梅毒
・MRSA
これらは比較的受け入れられる例が多いようです。

・疥癬
・HIV
これらは問題となるでしょう。
また、結核は不可となります。

あくまで、一般的な例を挙げています。
個々に確認することを徹底してくださいますようお願いいたします。

 
老人ホーム入居を考える TOPへ 老人ホームに入居する 老人ホームにおける病状による受け入れの是非